整備士転職ノウハウ

20代の整備士が他業種に転職するには?転職サイトやエージェント紹介!

自動車整備士はすごく離職率の高い仕事です。

その中でも若い世代(20代)の整備士の転職は特に多く、

  • 給料が安い
  • 今後が不安
  • もっと違うことをやってみたい

などの理由で転職活動をされる方がほとんどです。

同じ整備士として別の会社で働きたい場合も転職活動は大変なのですが、他の業界に移って整備と関係のない他業種(営業など)に就きたい人は、同業の転職と比べて難易度が高いです。

20代の整備士の他業種転職の難易度が高い原因は、

  • 転職活動の仕方が分からない
  • どう転職すればいいのか?

などの2つが原因です。

結論から言うと他業種の転職はハローワークなどではなく、転職サイトやエージェントを使う方法が一番簡単で、希望に沿った転職が可能です。

転職エージェントを使う前に転職サイトに載っている求人を見ていたりしていると、イメージや雰囲気を掴みやすく転職はスムーズにいきます。

今回の記事ではそんな人のために、20代の整備士の他業種への転職方法について解説していきたいと思います!

他業種に転職する理由や転職の時期を固める

他業種に転職するときに特に大切なのは転職理由です。

なぜなら整備士が他業種に転職する際によく聞かれるのが転職理由だからです。

整備士は整備の国家資格を持っているため「なぜ他業種に転職するんだ?」と思われることが多く、ここで答えるためにしっかりと自分の経歴なども含んだ転職理由を固める必要があります。

また時期を明確にすることで、転職サイトやエージェントを使う時の目安になるため、転職をスムーズに進みます。

20代の整備士の転職理由とは?給料の安さと同年代が居ないことが原因?人手不足が急速に加速していて、どんどん若い整備士が辞めていく自動車業界。 最近では海外から来る技能実習生を整備士として向かえいれる...

情報を集めて他業種・他業界への転職方法を決める

自動車整備士か他業種・他業界への転職に一番大切なのは情報タイミングです。

そのため常に転職市場の情報を手に入れて、いつでも飛び込めるようにするのが転職を勧める上で大切になってきます。

転職方法は基本的にサイトエージェントを使うのが一般的です。

転職サイトやエージェントはたくさんの求人と情報を持っていたり、そのサイト毎やエージェント毎に未公開求人などがあるので、どっちも並行して使用すると自分にあった求人を探すことができます!

整備士の他業種・他業界への転職には【リクナビNEXT】

整備士のための転職サイトと転職エージェントの使い方!選び方や違いも解説!整備士の転職でよく使われるのといえばハローワークですが、ハローワークで転職先を探すとなると行く手間も掛かりますし、求人を一気に見ることが...

20代の転職や他業種に特化した転職サイトを使う

20代の整備士が他業種に転職する際にオススメなのは

  • リクナビNEXT
  • doda

転職サイトは求人全体を網羅的に見ることができ、自分の希望職種や希望条件に合わせた検索をすることも出来ます。

20代の整備士が他業種に転職するにはまず求人を沢山見るのが大切で、どのような求人があるのか?や、他業種に転職する人ならではの悩みである経験や経歴不問といった条件の求人があるので探してみましょう。

転職業界大手の【リクナビNEXT】

リクナビNEXT】は中途採用を中心とした大手転職サイトで、業界トップの人気があります。

第二新卒だけの求人なども多く、スカウト機能を使えば企業エージェントからスカウトされるため転職の雰囲気がしれて転職しやすいと思います。

また業界最大手だけあって、扱っている求人の数が多く様々な求人に触れれるためメリットもあります!

業界大手の転職サイト【リクナビNEXT】を使ってみる

求人検索がしやすい【duda】

duda】はリクナビNEXTに次ぐ業界トップクラスの大手転職サイトです。

第二新卒だけの特別な求人は無いものの、20代の採用をメインとした求人が多く、求人特集などリクナビNEXTとは違った角度から求人の検索が可能です。

またdudaはそれだけで完結せず、dudaの転職エージェントと親和性が高いので併用して、使うのがオススメです。

サイトもエージェントも両方使える【doda】を使ってみる

他業種や20代に特化した転職エージェントを使う

他業種や20代に特化した転職エージェントでオススメなのは、

  • マイナビジョブ20’s
  • リクルートエージェント
  • ウズキャリ

エージェントは求人を教えてくれるだけでなく、転職の指針やどう動いていけばいいのかなど、転職活動全体を支援してくれます。

そのため初めての転職であっても、他業種への転職であっても、安心して転職活動を行えるためとてもオススメです。

20代や第二新卒に特化した【マイナビジョブ20’s】

マイナビジョブ20’s】は名前の通り20代第二新卒に特化した転職エージェントです。

第二新卒や20代に特化してるだけあって、企業との交渉とか社会人歴が長くない場合でも転職活動を有利に進めるようにサポートしてくれます。

熟年のキャリアサポート体制が整っているのも特徴の一つです。

求人も第二新卒などに絞ったものが多いので、他業種に転職する20代の整備士でも安心して使うことが出来ます!

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s

大手で実績豊富な【リクルートエージェント】

リクルートエージェント】とはリクナビNEXT同様に、リクルートが運営・活動しているもので、業界NO1のシェアを活かした紹介求人数が特徴です。

リクルートエージェントをリクナビNEXTなどのサイトと併用して使うと沢山の求人が確認できるため、自分が大切にしている部分や転職活動の指針を見つけられるのでオススメです。

またエージェント側の経験も豊富なため、自分がまだ気づいていない部分の掘り下げや、自分の条件と違うけど魅力的な求人を紹介してくれることもあります。

業界最大手で経験豊富なリクルートエージェント

20代の第二新卒や既卒だけに特化した【ウズキャリ】

ウズキャリ】とは転職エージェントの中でも第二新卒や既卒などの、20代の転職希望者だけに的を絞った転職エージェントです。

マイナビジョブ20’s同様に第二新卒などに強いのですが、ここが大きく違うのは、日本で唯一転職サポートをしてくれるエージェント(カウンセラー)達の9割が第二新卒や既卒なのです。

そのため当時の苦労などの話で盛り上がることも可能ですし、転職の進め方もより転職希望者に近い目線で出来る転職エージェントです。

そのため20代の第二新卒や既卒は大変使いやすいと思います。

近い距離で第二新卒・既卒をサポートしてくれる【ウズキャリ】

整備士の転職に必要なものを準備

転職には履歴書や職務経歴書が必要です。

ですがこれらの書類は転職サイトにある無料のフォーマットを利用したり、転職エージェントと一緒に作っていくのがオススメです。

履歴書は問題ないと思いますが、職務経歴書を自分で作る場合は自分の実績や仕事のスタンスなどを深堀りして、職務経歴書を書くようにしましょう!

また転職エージェントはそういった書類の書き方なども対応してくれるので、使うと転職がスムーズにいきます。

整備士の転職で必要な書類とは?履歴書や職務経歴書の書き方を解説!転職する際の応募書類として必ず必要なのが、履歴書と職務経歴書です。 ほかにも添え状が必要だったりしますが、整備士が転職する時に必要...

まとめ

今回は20代が他業種に転職する際に約立つ情報やサイトを解説しました。

整備士が他業種転職するのは普通の転職と比べて難易度は高いものの、転職サイトやエージェントをつかって情報を取り入れていけば必ず自分にあった転職が可能です。

逆に使わないで転職するのは難しいので、使うようにしましょう!

初めて転職する整備士が求人で見るべきポイントとは?

また他業界への転職をみて、改めて同業界への転職が気になった方はこちらの記事を参考にしてみてください。

自動車整備士の同業界・同業種の転職!大切なのは転職理由と探し方?自動車整備士を仕事にしていると誰でも考えたことがある転職 主に仕事の内容や給料面に悩んで転職する人が多い整備士業界ですが、違う自動...
自動車整備士が転職で悩んだら??

自動車整備士の転職はプロと進めるのが失敗しない秘訣です。

仕事辞めたいけど転職活動とかよくわからない
忙しくて転職活動がうまく出来ない
自分で選んでまた失敗したらどうしよう

悩んでいる人はリクルートに相談という賢い選択を!

\相談だけでもOK!

転職のプロを使う賢い選択【リクルート】
無料エントリー
転職のプロを使う賢い選択【リクルート】
無料エントリー