整備士転職コラム

整備士が他業界・他業種へ転職するなら早い方がいい?転職のタイミングは?

転職希望整備士
転職希望整備士
違う業界で働きたい

違う業種で働きたい

と思う整備士は多いのでは無いでしょうか?

多くの整備士は「給料が安い」などの理由で転職を考えているため、このような悩みが出てきてしまいます。

その時に気になるのが転職のタイミングですよね。

結論から言うと、整備士が他業界・他業種に転職するのは早いほう(20代)が良いです。

また同業種転職においても、給料などに不満がある場合は早めに高待遇の環境へ転職した方が年収は上がります。

20代の整備士の転職理由とは?給料の安さと同年代が居ないことが原因?人手不足が急速に加速していて、どんどん若い整備士が辞めていく自動車業界。 最近では海外から来る技能実習生を整備士として向かえいれる...

整備士の他業界・他業種への転職は早いほうが良い

整備士が他業界・他業種に転職する場合、転職のタイミングは早いほうが良いです。

なぜなら業界の特徴や仕事内容が全く違うからです。

整備士の資格知識スキルを活かせるような業界や求人を探しているのなら別ですが、もし本当に他業界・他業種への転職を考えているのなら早めに行動するべきです。

比較的どの転職にもよるのですが、転職する人に出す求人には年齢に制限があります35歳までなど)

これは「長期的なキャリアを視野に入れて働いてもらいたい」という企業側の願いからくるものです。

スキルや資格などが活かせるのであれば、ある程度年齢に関係なく自分の経験を武器に転職をすれば良いのですが、全くの未経験である他業界・他業種の場合はそうはいきません。

転職の軸を捉えて「なぜ他業界・他業種に挑戦したいのか?」が大切となり、それが転職する上で武器となります。

20代といった年齢が若いほうが競争相手も未経験や経験が少ない場合が多いため、企業側としても熱意や転職軸・転職理由がはっきりしている人を採用したいと思うからです。

また整備士としてのキャリアを積みすぎると、整備士としての考え方が定着してしまい、他業界・他業種に挑戦する時に不利になる可能性もあります。

そのため転職のしやすさなどを考えると、整備士が他業界・他業種への転職は20代の早い時期にするべきなのです。

整備士が同業界に転職するなら焦る必要はない

他業界・他業種に転職するのも焦る必要はないのですが、同業界に転職する整備士は更に落ち着いて転職活動をすることが出来ます。

先程も少し触れましたが同業界への転職であれば、整備士としての資格やスキル・経験を生かした転職ができます。

例えば自動車開発の技術職に転職したとしても、車の構造だけ知っている開発より構造も知り整備の実務経験がある開発では大きな違いがあります。

また車を販売する営業でも、性能や営業トークだけ知っている営業より整備性やメンテナンスのことも語れる営業のほうが希少価値が高く、車を売る時に有利に働きます。

そのため同業界への転職はどの職種についたとしても整備士としての経験などが活かせるため、自分に合った企業を分析したりキャリアを確実なものにすることが出来ます。

その例を取り入れているのが自動車ディーラーで、ディーラーの整備士は3年~5年整備をするとフロント業務や車販売の営業に回されるのが一般的です。

そのタイミングで転職を考える人が多くいるのも事実ですが、もし職種だけを変えたい人などであれば整備士としてのキャリアが無駄にならないので、焦る必要は無いのです。

自動車整備士がディーラーから転職する時に気をつけることは?専門学校卒業後多くの自動車整備士がカーディーラーに就職をすると思います。 自動車整備士業界全体で言えるのですが、自動車整備士は給料...

整備士から整備士への転職は情報とタイミングが大切

整備士から整備士への転職は、完全に同業種・同業界への転職なので急ぐ必要はありません。

整備士の同業界・同業種への転職は、スキルも経験もそのまま転職先で活かすことが出来るからです。

また今在籍している企業でのキャリアは、次の会社に行っても無駄にはなりません。

ですがもしディーラーでフロント・営業に回されるのが嫌だったり、会社の人間関係がストレスになっていたりする場合は、すぐに転職を視野に入れる必要があります。

転職において焦りは禁物ですが、情報とタイミングが転職には非常に大切なので、いつでも転職出来るように転職する時の準備はしておいた方が良いでしょう。

自動車整備士を辞めたい人の転職方法やノウハウと?
自動車整備士を辞めたい人はどうする?異業種転職の方法やノウハウを解説!自動車整備士を辞めたい人は転職サポートを使った転職方法がオススメです。異業種へ転職するならリクルートエージェントやリクナビNEXT。同業界への転職ならレソリューションと整備士JOBSを使って転職をしましょう。...

まとめ

今回の記事では業界や職種の違いによる転職タイミングについて解説しました。

一番のポイントは整備士としてのキャリアが転職先で使えるかどうか

同業界や同業種への転職なら整備士としての知識やスキルは活かせるけど、他業界・他業種への転職では活かせません。

そのため整備士が他業界・他業種へ転職するタイミングは、年齢制限に引っかからず未経験でも優遇されがちな20代などの早いうちがいいのです。

【リクナビNEXT】に登録して転職を始める

他業界・他業種への転職は注意すべき所がたくさんあるので大変ではありますが、転職方法などを抑えていれば良い転職が出来るのでこちらも参考にしてみてください!

20代の整備士が他業種に転職するには?転職サイトやエージェント紹介!自動車整備士はすごく離職率の高い仕事です。 その中でも若い世代(20代)の整備士の転職は特に多く、 給料が安い 今...

今回の記事が転職タイミングの参考になれば幸いです。

自動車整備士が転職で悩んだら??

自動車整備士の転職はプロと進めるのが失敗しない秘訣です。

仕事辞めたいけど転職活動とかよくわからない
忙しくて転職活動がうまく出来ない
自分で選んでまた失敗したらどうしよう

悩んでいる人はリクルートに相談という賢い選択を!

\相談だけでもOK!

転職のプロを使う賢い選択【リクルート】
無料エントリー
転職のプロを使う賢い選択【リクルート】
無料エントリー