整備士転職ノウハウ

ブランク有りでも整備士への転職は可能?転職が有利に働くブランクの使い方!

整備士を辞めて他業種へ転職したけど、やっぱりもう一度整備士として働きたい。。

こんな風に考えている人もいると思います。

ですがそんなときに心配なのがブランクですよね。

心配する必要はありません、ブランクがあっても整備士に転職することは可能です。

確かに整備士から整備士へと転職する場合よりも転職の難易度は高くなりますが、ブランクを上手く使って転職を有利に進めることが出来れば、ブランクがあっても転職することが出来ます。

今回の記事ではそんなブランクがあるけど整備士への転職を考えている人のために、転職が可能なのか?や有利に進める方法について解説していきたいと思います!

整備士の転職で必要な書類とは?履歴書や職務経歴書の書き方を解説!

ブランク有りでも整備士へ転職出来る?

整備士のキャリアにブランクがあっても、もう一度整備士へ転職することは可能です。

というのも整備士は手に職をつける仕事なので、たとえ他の業界や業種への転職をしたとしても技術が残っていれば、もう一度整備士として仕事をすることが可能なのです。

また求人の探し方も特別な方法は必要ないので、整備士を募集している企業の求人を探して応募すれば良いです。

このとき大切なのがハローワークではなく、転職サイトなどで求人を探すことです。

転職サイトなどの転職サポートを使えばブランクがある整備士の転職でも、書類や企業への交渉を行ってくれるので、転職時に使うことをオススメします。

ブランクが有っても受けれる整備士専門転職サポート【整備士JOBS】

ブランクと整備士歴で転職のしやすさは変わる

ブランクが有っても整備士として転職することは可能ですが、ブランクの長さは転職のしやすさに多少関係します。

またブランクの長さだけでなく、ブランク以前の整備士として働いていたキャリアの長さも転職のしやすさに関係してきてしまいます。

具体的に整備士歴よりブランクが多い人は、転職のしやすさは落ちてしまいます。

例を出すと

  • 整備士歴1年
  • ブランク5年

という経歴の人より

  • 整備士歴5年
  • ブランク2年

の人のほうがブランクが短いので転職はしやすいということです。

とはいえ人手不足の業界なのであまり関係ないのですが、比べてしまうとどうしても転職のしやすさは劣ってしまいます。

またどちらの場合でも転職するときの理由は大切になってきますし、このブランクを有利につかう方法はあります。

転職時に有利に働くブランクの使い方とは?

ブランクの有りなしに関わらず転職に大切なのは転職理由や退職理由です。

そのため履歴書や職務経歴書などの書類や、面接のときに転職理由を明確にしておくのは大切なことですが、ブランクが有りの場合に使える転職を有利に進める方法があります。

  • 他業種で得たスキルを使う
  • もう一度整備士に戻ってくる理由や情熱

この2つがブランクが有る人が、整備士に転職するときに使える有利に進める方法です。

一つずつ詳しく解説していきます。

他業種で得たスキルを使う

ブランクのある人でも整備士として戻る前は他業種で働いていたはずなので、そこで得たスキルを使って転職を有利に進めていくことが出来ます。

例えば整備士を辞めて営業になっている人だったら、整備業務だけでなく「フロントや受付」の仕事もこなせるようになっているはずです。

お客さんと話すスキルには変わらないので、この部分は整備しか出来ない他の人より武器になります。

また整備士を辞めて他の技術職に転職をした人ならば、そこで得た配線処理の方法や電気の知識(電気工事士)だったり、切削工具や加工するときに使う板金工具などの使い方などその部分のスキルを武器にすることが出来ます。

技術職は整備士と関連性が深いので、ある程度腕が鈍っていないことの証明にもなると思います。

もう一度整備士に戻ってくる理由や情熱

ブランクがある人が整備士に転職するときに一番大切なのが「もう一度整備士に戻ってくる理由や情熱」です。

面接する企業はこの部分がないと「もう一度辞めるのではないか?」と疑ってしまうので、ブランクがある人がもう一度整備士になるときには大切なのです。

この理由は個人で各々あると思いますが例を上げるとするならば

  • 他の業界へ転職しても整備士のやりがいを超えることはなかった
  • 自分の車を整備していく上で、もう一度整備の楽しさを知った

などが上げられるでしょう。

また企業は整備士としてもう一度やろうとしたことも重要ですが「なぜうちの会社を選んだのか?」も同時に知りたいので、この部分も織り交ぜて企業へ伝えられると良いと思います。

例:整備をお願いした時の対応や作業の素早さを見て、もう一度自分もこのような整備士を目指したいと思った。

まとめ

今回の記事では整備士キャリアへのブランクがある人が整備士へ転職するときについて解説していきました。

たとえブランクが有っても整備士へ転職することは可能です。

キャリアの長さとブランクの長さが転職のしやすさに多少関係しますが、それでも自動車整備業界は「売り手市場」なので求人の数も多く転職することが出来ます。

またブランクがあることで転職する理由に厚みが出ますし、他の業種で得たスキルなど自分の自己PRなども増えると思います。

不安な部分やより良い求人を探したり転職のサポートを受けたい場合は【整備士JOBS】を使って、書類の書き方などのキャリアカウンセリングを受けてみても良いかもしれません。

自動車整備士が転職で悩んだら??

自動車整備士の転職はプロと進めるのが失敗しない秘訣です。

仕事辞めたいけど転職活動とかよくわからない
忙しくて転職活動がうまく出来ない
自分で選んでまた失敗したらどうしよう

悩んでいる人はリクルートに相談という賢い選択を!

\相談だけでもOK!

転職のプロを使う賢い選択【リクルート】
無料エントリー
転職のプロを使う賢い選択【リクルート】
無料エントリー